住宅省エネの
  重要性と地球環境

省エネ性能の高い
  フィルムと工事
防犯性能の高い
  フィルムと工事
防犯・省エネに
  関する研究発表
 協会の趣旨
社会環境的背景

業界の背景

設立意義

現在に至るまでの経過

協会の効果

協会員と社会に貢献

 この組合は、窓ガラスの省エネ・防災・防犯・テロ対策のため、広く一般市民を対象として、ウインドウフィルムの普及を推進し、施工技術の向上と大型工事のリスクヘッジ、ファイナンスあるいは施工保証及び補償などの活動を通して協会員に寄与することを目的とします。
同時に、全国のフィルム業者の方々に、全国規模業者の仕事の斡旋や、各位の技術、営業、経営面での向上や、建築フィルム導入推進の援護を目的とします。
社会環境的背景
地球温暖化が益々進行し、生態系が変化するなど、地球規模の深刻な問題になっております。又三菱商事ビルの爆破事件を発端として阪神大震災では割れて凶器となったガラスで多くの人々が死傷したことからガラスの飛散防止が訴えられてきました。
更に平成7年より家宅侵入窃盗事件が急激に増え、平成14年度には警察が認知した侵入盗だけでも年間約338,000件と7年間で30%以上増加し、過去80%以上という世界最高水準の検挙率を誇り世界一安全な国日本であった時期に比べ平成14年には検挙率が30%を割るという先進国中最低レベルな状況に陥っておえります。その内ガラスを破壊して侵入する割合が全体の約半数、戸建てでは70%以上と大半を占めています。最近では、国際テロ組織から「日本を名指して攻撃する。」などの情報が入り、多くのビルなどのテロ対策が叫ばれ、戦後このように日本の平和と人々の暮らしに大きな危機が訪れた事はありません。ウインドウフィルムは、一部ではありますが、これらの社会危機を解決する最大級のキーポイントと言えます。

業界の背景
ウインドウフィルムメーカー各社は、この状況に対処するため競って商品開発を行い、日照(太陽エネルギー)調整フィルム・飛散防止フィルム・防犯フィルムなどを次々に発表してきました。なかでも平成16年4月1日には防犯フィルムの分野でも、試験に合格したとみなされるフィルムは国家認定として製品名及びメーカー名を警察庁のホームページ上で発表されました。
しかし、施工店の技術レベルの不均一、施工店が殆ど小規模経営である事、売上不振店が多い事、小規模であるがゆえに難しい施工保証やファイナンス、労災保険に未加入の店が多いなど全国のフィルム施工店はさまざまな問題を抱えています。

設立意義
国を挙げて地球温暖化あるいは省エネ対策、大地震によるガラスの凶器化などの二次被害対策、窓ガラスの防犯やテロ対策などを早期に実現しようとする動きに合わせて、フィルム施工の分野でも、その力を結集することが必要と思われます。
協会設立と運営により、小規模なフィルム施工店の技術レベルの向上と均一化、売上増強や経営の改善、ユーザーに対する施工保証や被害時の無料補償制度、施工店の労災保険の徹底、資金面の改善など一小規模施工店では難しい事項を次々に改善し日本全国のユーザーに高度な技術による施工を安心して注文いただけるよう、当協会は設立されました。

現在に至るまでの経過
三菱商事ビル爆破事件以来、ガラス窓に貼付する飛散防止フィルムをはじめとしてさまざまなウインドウフィルムが開発され、販売開始から約30年が経過しました。現在では、多くの高層ビルや学校、自動車などのガラスに飛散防止や日照(太陽エネルギー)調整フィルムや着色フィルムが貼付されています。
しかし一般住宅への普及はまだまだ遅れております。
一方日本の場合、フィルムメーカーはフィルム開発と販売が主で、施工技術は殆ど小規模な施工店に任されている為、その仕上がりはまちまちです。
最近日本ウインドウフィルム工業会が施工技術国家試験を推進し、自動車フィルム・建築フィルムの2分野においてそれぞれ1級2級の試験を始めております。

協会の効果
当組合の趣旨に賛同する全国のフィルム施工店を結集し、まず第一に高度な施工技術を持ち寄り研究し、まとめあげた施工方法のセミナーを開催し、高度な技術の習得と均一化をはかります。
また国家試験(建築用フィルム施工技能士)の普及促進に協力する所存です。
第二に中間法人として施工情報を収集し、適材適所の協会員にその情報を流し、売上を強化して頂きます。
第三に組合の信用によって大規模工事の受注し協会員が協力して施工致します。
第四に組合員の仕入代金や人件費支払いなどの為の短期融資制度を作り、各社の経営改善に役立てます。
第五に現在構造不況に苦しむカーフィルム施工店に建築フィルムを追加していただき売上増強と経営改善が出来る環境をつくります。

協会員と社会に貢献
これらを目的とした本協会の設立し運営することにより、日本の非常事態を少しでも解決できれば大きな社会貢献になる事と同時に、この趣旨にご賛同頂けるフィルム施工会社各社の今後の発展に大きく寄与できるものと期待しています。


 

Copyrightc 2004-2008. 全国省エネ防犯フィルム協会 -AWSE- , All rights reserved.
〒513-0816 三重県鈴鹿市南玉垣町7114番地 Tel.059-382-3744 Fax.059-384-0344